ラノベ原作

ノーゲーム・ノーライフの2期はいつ?放送される可能性を検証してみた

ノーゲーム・ノーライフ

この記事では、人気アニメ「ノーゲーム・ノーライフ」の2期が放送される可能性を以下の6つの視点から考察していきます

  1. 原作のストック
  2. 原作の売上
  3. 円盤の売上
  4. 映画の売上
  5. アニメの評判・話題性
  6. 作り手のスケジュール

一番最後にはアニメの2期を予想する上で参考にした記事を載せています

とても面白い記事ですので、本記事を読んだ後に時間がある人はぜひ読んでみてくださいね

ノーゲーム・ノーライフの2期が放送される可能性を様々な角度から検証してみた

原作のストック

アニメでは原作3巻まで放送されました

2021年1月現在、ノーゲーム・ノーライフの原作は10巻まで出版されているため、ストックは十分にあると言えます

ただし、ストックがない状態で続編を決定したアニメが多々あることから、ストックがあるのに2期制作決定の兆しが見えないのには何か理由がありそうです(理由に関しては後述)

原作の売上

ノーゲーム・ノーライフの出版社・KADOKAWAはノーゲーム・ノーライフ全権代理委員会に入っています

制作委員会に原作の出版社が入っている場合は続編制作につながるので、原作の売上も2期制作の可能性を語る上で大事な指標というわけですね

ではさっそく原作の売上を見ていきましょう

原作の売上(2019年時点) 450万部

かなり売れていますね

原作の売上から見ると、ノーゲーム・ノーライフ2期の可能性は十分にあると言えます

円盤の売上

円盤の売上は続編制作に大きくかかわります

ネット上では累計売上平均枚数3,000本~5,000本と言われていることを踏まえて、ノーゲームノーライフの円盤売り上げを見ていきましょう

累計売上平均枚数 8,000本以上

ネット上の意見が正確であれば、円盤の売上に関しては完全に黒字。2期を作る資金は十分にありそうです

参考

近年、動画配信サービスの台頭により、円盤市場が縮小傾向にあります

そのため、円盤が売れなくても有料の動画配信サービスで人気があれば、続編が大いに期待できるとうわけです

異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術は累計売上平均枚数が1,200枚と基準を大きく下回っていますが、海外で有料の動画配信サービスを使って見る人が多いため、2021年4月に2期が公開されることになりました

上記からもわかるように今後は動画配信サービスでの人気>円盤の売上となりそうですね

映画の売上

映画の興行収入も続編制作に大きく関係します

2017年に公開された映画「ノーゲーム・ノーライフ ゼロ」は興行収入7億で、そのうちの半額が制作委員会に入るので、3億円程度の儲けということなります

映画の売上の観点から見ても資金面では問題なさそうです

アニメの評判・話題性

評判が高く話題性のあるアニメだと、関連商品が売れ、イベントも盛り上がるため、たくさんのお金が生まれます

なので、アニメの評判や話題性も続編制作を予測するのに重要な指標と言えます

ノーゲーム・ノーライフはアニメのレビューサイト「あにこれ」で88.9点と高評価なので、仮に2期制作が決定したら話題になること間違いなしです

人気という観点からもノーゲーム・ノーライフ2期が来る可能性は大いにあると言えるでしょう

作り手のスケジュール

ストック・売上・評判は申し分ないのになぜ2期が放送されないのか

それは作り手のスケジュールが関係しています

もっと詳しく言えば、「原作者の榎宮 祐さんが体調を崩されていたため、アニメのイラストや脚本を担当するどころではなかった」というのが正しいかと

2021年現在作者の病状は回復しているので、近いうちに2期制作の告知が期待できそうですね!

まとめ:ストック・売上・評判の観点からノーゲーム・ノーライフ2期が制作される可能性は高い

今回はノーゲーム・ノーライフの2期が制作される可能性があるか考察してみました

色々な観点から可能性について言及しましたが、結論、ノーゲーム・ノーライフ2期が制作される可能性は大にあります

ただ、いつになるのかは検討もつかないので、気長に待つしかありませんね

参考記事

スポンサーリンク

-ラノベ原作

© 2021 サブスクのすすめ Powered by AFFINGER5